Top > メールマガジン「物流ナビゲーター」 > 第336回「大雪と物流」

第336回「大雪と物流」

今年も昨年同様、2月に入り都心が大雪に見舞われ、交通機関に大きな被害をもたらした。こと物流においても影響が出たが、改めてトラック輸送の強さを確認した。

航空、船舶、鉄道は基本的に悪天候には弱いとされるが、今回の大雪でもその課題は克服できず、欠航や欠便、遅延が各所で発生した。トラック輸送では遅れは出たものの大半は事前情報によるルート変更、装備品、得意先との時間調整などの準備により大きな災いになっていなかった。国土が狭く、道路整備が進んでいる日本の物流では、トラック輸送が全体の70%以上を占めている。そういう意味では強い物流インフラに支えられていると言えるであろう。こういった中でも物流会社の実力が問われる点がいくつかある。

(1)トラックドライバーの高い運転スキル
読者の方々にも想像がつくところであろうが、これはテクニックだけではなく安全に対する知識も含まれてくる。
(2)配車担当者、運行管理者における強いリーダーシップ
筆者が最も伝えたい点である。新人ドライバーの誘導や運行途中での道路閉鎖、迂回路の使用不可、納品方法変更などのイレギュラーへの対処方法の決定と指示である。
ここでは現場を把握できていない担当者、管理者は機能しない。ドライバーの相談相手にはなっても的確な指示まで出せない。ドライバー経験者でなくても閑散期での横乗り、追走などの現場を知る努力が功を奏す。
その他では、(3)タイヤチェーン、歯止めなどの装備品の点検、(4)納品先、荷主との時間調整、などが挙げられる。

前日に、作業の前倒しを行うなど、日頃の仕事の“質”が実力として表われる。正に「もしもの・・・」なのである。平常時から当り前のことを徹底する、させるクセづけが重要である。