Top > メールマガジン「物流ナビゲーター」 > 第359回「『量』が『質』を創る」

第359回「『量』が『質』を創る」

「量」が「質」を創る。これは筆者が20代半ばの頃から強い思いを持ち続け、実践してきたつもりでいるテーマである。
この事に確信を持った30代半ばからは指導先でも、またセミナー、講演会でも幾度となく伝えてきた。基本的な活動方針のテーマである。過去に前職の会社の上司に“深い海は広い海にある”と教えられたことがあり、それに類似していると思う。

「経験を積み重ねていくことで、その技量やスキルは向上する」と至って当り前のことであるかもしれないが、反対に良い仕事、素晴らしい提案、大口の受注達成などの「質」を求めるにはそれなりの場数が必要、野球で言うバッターボックスに立つということをしなければならないという事である。

今も昔も多くの企業は抽出された課題(タスク)に対して最大のパフォーマンス(成果)を求めるのが常である。しかし任されたリーダーはそれを咀嚼して現場に落し、チームを引っ張っていかなければならない。ここでリーダーは焦ってはならない。一定の品質(クオリティ)を出すにはそれだけの頻度(回数)が不可欠であること、場合によっては遠回りを余儀なくされるかもしれないが、これは必要なプロセスなのである。場数、回数を重ねて内容が良くなってくる、質が向上していくのである。
この「『量』が『質』を創る」には、もう1つの意味合いを筆者は提案している。それは7割の準備ができれば後は走りながら考えるという、全ては“行動”であるという事である。

賢者は「歴史」から学ぶと言うが、努力する一般人は行動を持って、その経験を血肉として、これからに活かすことが得策であろう。ただこれもどんな成果を出すかによって捉え方は異なるかもしれない。成果が良くない、未達、悪いといった内容では“拙速”と言われる。
人の命を預かる「医療」や、ミスが大きな被害をもたらす「金融」や、安全が全てという分野などでは、この考え、“拙速”は通じないであろう。

営業や物流、開発といった比較的、トライアンドエラーが許される分野には7割の準備と行動力が有効であると言える。この2つ目のメッセージには分野によって当て嵌まる、当て嵌まらないがあると思われる。ただ共通してはじめにお伝えした「『量』が『質』を創る」は行動方針として重要であると思っている。